投資で損失が出ることを運が悪いと割り切ることは悪手だと言えます。正しい知識を活用することで負けの目を減らすことはできます。

更新履歴
発表している男性

株の世界では失敗はつきものですし、まったく損をしないで取引をするのは不可能です。
誰でも損をしながらも、利益を出して取引を続けているのです。
しかし、できるだけ損をしないためにはどうすればいいか、については、つねに考えていないといけません。
損をしない取引とはどんなものかを意識するだけで、結果は全く違うものになります。

まずは、リスク管理をきちんとするということです。
リスク管理とはつまり、損切りのことです。
世の中には損切りが上手くできない人が多いです。
損切りするとは、負けを認めることのようなイメージがあるからです。
誰でも負けを認めるのは嫌ですし、「もしかしたら、どこかで反転して、株価が戻ってくるんじゃないか」とか「自分が売った直後に株価が戻って利益が出たらもったいない」と思うと、なかなか売る決心がつかないものです。

その結果、株価が戻ることはなく、そのままズルズルと値下がりを続けて大きな損を出してしまう、ということもありますし、リーマンショックの時は、それで株価が何分の一にも下がった銘柄もありました。
大事なのは、もし値下がりしたらどこで損切りをするか、自分なりの損切りラインをあらかじめしっかり決めておき、必ずそれを守ることです。

また、逆に利益が出ていたはずなのに、結果として損切りになってしまったということもあります。
それは、順調に値上がりして利益が出たいたのに、「もう少し上がるだろう」と欲を出して売らずに持っていたら、その後ズルズル下がってしまい、気が付いたら買値より低くなってしまう、という例です。
ほどほどの所で利益を確定するべきです。
また、信用取引は現物取引と比べて、リスクが大きいので、取引する際は十分な注意が必要です。