投資で損失が出ることを運が悪いと割り切ることは悪手だと言えます。正しい知識を活用することで負けの目を減らすことはできます。

仕事と株の両立

グラプ

サラリーマンやOLが仕事と株を上手く両立させるためには、いくつかの注意点があります。
世の中には、平日サラリーマンやOLとして仕事しながらも株取引をしている人は、たくさんいます。
その人達は、その注意点をちゃんと心得て取引をしているのです。

平日働いている人は、専業トレーダーのように、ずっとパソコンの前にいるわけにいきません。
本来仕事中は、仕事に集中すべきですから、昼間株価を確認できるのは、せいぜい休憩の時か、昼休みの時間ぐらいで、あとは夜だけです。
つまり、短い時間でも続けられる取引をすればいいのです。

そもそも投資とは、超短期のデイトレードと、数日間のスイングトレードと、月単位のポジショントレードと、年単位の長期保有とに分けられます。
仕事を持ってる人は、限られた時間で取引をしなければならないので、この保有期間をどのぐらいにするか、というのが一番大事です。

もしデイトレードなら、頻繁に株価を確認する必要に迫られるので、仕事にも支障をきたしてしまいますし、第一集中できません。
無理の無い取引を心掛けるべきですから、たとえ短くても、数日間のスイングトレード以上にするべきです。
そしてもうひとつ、仕事をしてる人は頻繁に株価を確認できない分、突然の大きな下落が起きても、どうしても気づくのが遅れてしまいます。

そんな時のために、もし可能なら、逆指値注文を入れておくことをおすすめします。
逆指値注文を入れておけば、決めた株価の所で自動的に売りに出されるので安心です。
また、投資する額を、投資資金の半分以下にとどめておくことも、リスク管理をきちんとするという意味で重要ですし、仕事に影響のない、無理の無い取引をするという意味でも重要です。

人気記事一覧