投資で損失が出ることを運が悪いと割り切ることは悪手だと言えます。正しい知識を活用することで負けの目を減らすことはできます。

国外と国内の株の違い

元気を出す男性

株式投資といえば以前は国内の証券取引所の上場銘柄を売買するというものでしたが、国外の銘柄を購入する場合には外国株の取り扱いをしている証券会社の口座を開く必要がありますが国外の銘柄も売買することが可能になっています。

国内と国外の株の違いとしては、取引ルールが異なっていることです。
例えばアメリカ株の場合には、証券コードはアルファベットで表現されますし、株式も1株単位からになります。
また日本では一定の変動率に応じて取引が停止される制度がありますが、アメリカではありません。

一方で取引手数料は非常に高く各社によって手数料もバラバラですし、アメリカの場合には米ドルで購入する必要があるため日本から購入する場合には円をドルに交換するための為替手数料も必要になります。
また、配当回数は年4回が多いため配当を得られやすいといったメリットがあります。
アメリカ以外にもヨーロッパやアジアの証券取引所でも購入することができますが、安全性や安定性から考えれば国外の銘柄を取引するのであればアメリカの証券取引所のものを利用するのが無難です。

一方で国外株を保有するということは外国通貨を保有するということになります。
このため国内株とは異なり為替変動による違いもあります。
例えば円高になっている場合には少ない資金で投資できますが円安の場合には多くの資金が必要になります。
また為替の変動幅によっては売却した価格と為替価格によって利益が変わってきます。
つまり円安の場合には少ないドルで多くの円を手に入れることができるので、利益も増えることになりますが、円高の場合には反対に円を手に入れるには多くのドルが必要であり利益が減ってしまいます。

人気記事一覧